» 【特別配信講義】只今、完全在宅での副業 〜毎日感謝される働き方を作ろう〜』 【初回限定】30分間無料相談会は、こちらをクリック!

【解決】iMacを別のMacの外付けディスプレイとして使う方法【作業効率アップ】

Blog

iMacを別のMacので外付けディスプレイにしたいと考えて悩んでいませんか?
今ある大画面、高精細なiMacのディスプレイを無駄にしないためにも

  • 【無料】iMacを別のMacを外付けディスプレイとしてケーブルを使って接続する
  • 【有料】Luna Display(ルナ ディスプレイ)アプリを使って接続する
  • 大画面高精細なモニターを追加購入しなくても、デュアルモニター化で作業効率アップ

iMacを別のMacを外付けディスプレイとしてケーブルを使って接続する方法

iMacをサブディスプレイにする

ケーブルをつなぐだけで外付けディスプレイと使えるなら、こんなかんたんなことはありませんよね。
ケーブル代だけですめば、お得ですし

ケーブルをつないで外付けディスプレイする手順

  • ①iMacのOSバージョンを調べる
  • ②【2画面表示】ターゲットディスプレイモードの使い方
  • ③iMacのOSが不適合な場合

iMacのOSバージョンを調べる

リンゴマーク → このMacについてから確認します
iMacのOSバージョンを調べる

macOS version

Mac OS Sierra以前であること

Mac OS Sierra以前が搭載されていないとケーブルをつないだだけでの使用はできません。
具体的な使えるiMacは、以下の通りです。

これで、対象のiMacでしたら、さっそく【2画面表示】ターゲットディスプレイモードを設定しましょう

【2画面表示】ターゲットディスプレイモードの使い方

target_display_mode
これで簡単にケーブル接続でiMacを外付けディスプレイとして使えるようになります

  • ①外部ディスプレイのiMacを起動させます
  • ②もうひとつのMacも起動させて、mac OS ユーザーアカウントにログインしている状態にします
  • ③2台のMacをThunderbolt ケーブルまたは、Mini DisplayPort で接続します
  • ④iMac のキーボードの「コマンド⌘ + F2」を押します

これで、iMacを外部ディスプレイとして使えるようになっています

iMacのバージョンがmacOS Mojave 以降だったら。。

【有料】Luna Display(ルナ ディスプレイ)アプリを使って接続する

Luna Display

Luna Display(ルナ・ディスプレイ)とはなにか

https://lunadisplay.com
https://help.astropad.com/collection/129-luna-display

もともとは、MacからiPadに出力して、iPadをサブディスプレイ化するアプリでした。 

そんなときに、Apple純正の無料のサイドカーという機能が出てきてしまいました。 

もう有料のLuna Displayじゃなくてもいいという感じになっちゃいますよね 

それでも、Macからもう一つのMacを使って、2画面で使いたい人は不満が残っていました。 
そこに、Luna Displayがバージョンアップして、MacからMacへの画像出力が可能になりました。

OS は、10.11 EL CAPTAIN 以降で使えます。

Luna Displayの設定方法

luna display connect